ロゴ
>オススメ情報>マンション売却をする前の基礎情報【高額で手放す秘訣を知ろう】

不動産会社で物件を売買する

不動産を購入するときだけでなく、売却するときにも不動産会社を利用しましょう。法律上は個人間で自由に取引できることになってはいますが、揃えなければいけない書類なども膨大になります。トラブル時にも面倒なことになるので、できれば地元の優良不動産会社に相談するのがいいでしょう。

マンション売却をする前の基礎情報【高額で手放す秘訣を知ろう】

一軒家

中古物件が安全か確かめる

中古物件は古い建築基準法の下で作られていることも多く、安全性が確実に担保されているとは言えません。築年数が深ければ深いほど、内部の劣化も進んでいる可能性があります。住宅診断等を利用して、購入するときは価値があるかどうか、値段と釣り合いが取れているかどうか確かめておくことは大事です。ホームインスペクターなどを利用するのも賢い方法になります。また、売る前に住宅診断で安全性を確かめれば、良いアピールポイントとなります。

マンション

住まなくなったマンションは売却しよう

住まなくなったマンションをそのままにしておくのは良くありません。建物の不動産的価値は、時間が経つにつれて減少していくのが普通だからです。固定資産税も毎年かかってくるので、放置しておくと損にしかなりません。もう住まないのなら、早めに売却してしまうのがいいでしょう。貸すとなるとまた面倒なことにもなりかねませんが、売るとすべての責任から解放されます。

不動産売却で少しでも高く売るコツ

模型

日頃からきれいに使うことが大事

不動産は状態が良ければ、それだけ値段が高くなるのが普通です。常日頃から掃除をきちんとして、できるだけ建物も劣化させないよう注意しておけば、売却時に後悔することは少なくなるでしょう。

高い値段で買い取ってくれる人が現れるのを待つ

その不動産にどれだけのお金を出していいかは、人によって違うものです。すぐに売る必要がないなら、できるだけ高い値段で買ってもいいという人が現れるまで待つのが得策です。茅ヶ崎など立地のいい場所にある不動産は買い手も見つけやすいですから、何も焦る必要はありません。

優良不動産会社を選べばお得になる可能性大

優良不動産会社は、数多くの買い手を探してきてくれます。また、手数料が安いなどのメリットもあります。できるだけ高く売れる不動産会社を探すことも大事です。

売却に最適な時期を見極める

不動産市況によってもマンションの売値は変わります。例えば過去の日本で言うと、バブルの時期には立地があまり良くない不動産でも、非常に高い値段で買い取ってもらえたものです。タイミングを見極めることも、マンション売却時には気をつけなければいけません。

広告募集中