ロゴ
>Review>住宅ローンの支払いが厳しいなら任意売却の検討をしよう

住宅ローンの支払いが厳しいなら任意売却の検討をしよう

家族

マイホームを手に入れるととても嬉しいですが、住宅ローンが払えるかどうかも真剣に考えておきましょう。もし、払うのが厳しいと感じたら早めに任意売却を検討すべきです。

レビュー

有利な条件で売却ができました【40代 女性】

23歳で結婚して27歳で主人名義で家を購入しました。主人の年収が当時700万円だったのですが転職をきっかけに収入が減少しました。400万円前後です。正直転職しないと考えてローンを組んでいたので年収が約半分になってしまったので当然住宅ローンの支払いが厳しくなっています。手取り月収の半分以上はローンに充てていました。このままでは生活が厳しくなると感じたので主人と話し合って任意売却を行うことにしたのです。ちなみにローンは残り1800万円でした。不動産業者に相談して今のタイミングならば割と良い条件で売却することが出来ると言われたので売却を決意しました。自分たちの希望価格以上で売却できたので安心しましたね。

ご近所さんにバレずに売ることができた【20代 女性】

調子に乗って年収に見合わない住宅ローンを組んでしまったということもあり、家を購入してから2年程度で限界がきました。このままではローンも滞りそうだったので手放そうということになりました。しかし、ご近所さんとの付き合いがありますし、お金がなくて手放すことになったなんて恥ずかしくて知られたくもなかったのです。不動産業者に周りにバレずに売却できる方法はあるのかと相談したら任意売却を勧められました。任意売却ならばローンの残額が残っていたとしても手続きできるようだったので早速手順通りに手続きをしました。その結果、周りの人に知られることもなく手放すことができました。今後は身の丈に合った生活をしていきたいです。

広告募集中